涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団ラジオ支部 公開録音

今日、『涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団ラジオ支部』の公開録音があり、ダメモトで整理券配布に参加したら・・・参加券をいただくことができ、"平野綾"さん、"茅原実里"さん、"後藤邑子”さんを間近で拝見することができました♪

今回の公開録音の整理券は、当日の10時に先着で配布するということだったのですが、
前日から多くの方が徹夜をしそうになったり、予想以上の人が整理券を求めて並びにきていたために、急遽「抽選方式」に変わっていました。
どれくらいの人が来てたかというと、
会場の石丸電気SOFT2から神田郵便局を超えて、まだ並んでるくらい
(まあ、川にかかってる橋と、次の橋までの距離を、もう少し超えたくらいです。)
で、噂では1000人近いとか・・・。
そんな感じだったので、実は、ほぼ最後尾の方にいた私にとっては、「抽選」ということになってくれたおかげで会場に入場することができました。
しかも、今回の公開録音は、石丸電気さんの7階、8階で行われ、片方は実際の会場で、もう片方は、スクリーン上映という形だったのですが、私はというと、実際の会場で見ることができ、ホント良かったです。

間近で見た・・・
"平野綾"さんは、ホント小さくって、”涼宮ハルヒ”とは違った元気があってカワイク、
"茅原実里"さん(みのりん)は、”長門有希”と違って、スッゴクお話され
"後藤邑子”さん(ゴトゥーザ様?)は、”朝比奈みくる”と違って、お姉さんって感じでかっこよかったです。

今回の公開録音は2本取りということで、約1時間ほどの収録でした。
コーナーとしては、
1本目が「いわゆるひとつの萌え要素調査団」と「ぶらり不思議探索隊」、
2本目が「ハルヒ的マイノリティレポート」、
というふうに、
いつものラジオとまったく同じ感じで行われ、
いつもと違うのは、拍手や歓声があることだけ・・・。
って感じの収録で、いつもこんな感じで収録してるというのがよくわかりました。
広報委員を”平野綾”さんが持った「爪楊枝」で決めている風景や、
ホント和気藹々という感じで収録されているのが分かりました。

また、2本取りということで、1本目をとり終わった後、フリートークがあり、
その中で、監督と音響監督が3人に宛てた手紙が読まれ、
茅原実里”さんの番では、”みのりん”がその手紙で感動し、涙を流すハプニングが。
それにつられて、”平野綾”さんも、もらい泣き
2本目は大丈夫だろうかと思ってしまいましたが、そこはやっぱりプロ。
しっかり、いつもの調子ではじめられていました。
(三人に宛てた手紙は、『ニュータイプ9月号』で掲載されるそうです。)



私にとって、今回の公開録音は、毎月行っている公開録音とはやっぱり違う雰囲気があって、
何か見ているこっちもなんか緊張してしまいました・・・(*^ ^*)
そして、声優さんってやっぱりすごいと思わされた公開録音でした。
3人とも、自分が演じておられる役の感じで話すというときには、すっと役に入られたりするところや、
自分の感情をコントロールして、しっかりとお仕事をされているのを目の当たりにすると、
ちょっと自分の仕事への意識は、そこまで達していないと思ってしまいました・・・。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

東京に上京してきてから、「抽選」となったイベントの当選率がすごい・・・。
未だ1度しか外れていない・・・。しかも外れたといっても、「ぱよぱよ公開録音」とダブルブッキングになりそうな感じで、結果オーライの感じ・・・。
いつまで続くのやら・・・。
(まあ、その分、イベント会場でのプレゼント「抽選」と名の付くものは、1度もあたっていない・・・。)
三人の寄せ書きサイン色紙ほしかったよ~(××)

涼宮ハルヒの憂鬱 2 限定版
涼宮ハルヒの憂鬱 2 限定版 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年07月24日 18:27
涼宮ハルヒもゲットですか。何かものすごい「引き」ですね。都会で頑張っているangesさんに神様からのご褒美でしょうか(^_^;)
>ちょっと自分の仕事への意識は、そこまで達していないと思ってしまいました・・・。

angesさんが実際どうかは別として、私もこの感覚よくわかります。声優さんのイベントなどに行って元気をもらうとき、社会人としての自分が「プロ」としてどうなのか、っていう視点に立つことは確かに私も多くなりました。
2006年07月25日 23:25
>何かものすごい「引き」ですね。
そういってるそばから、実は「天たま」の公開録音は落選しちゃいました(^^;)

「プロ」といっても、私のばあい、今年から、まだ研修中とかなので、まだまだですが、今回見たくらいの、『メリハリ』といいますか、気持ちの切り替えがつけられるようになりたいですね。

この記事へのトラックバック